看護師 転職先の人間関係が最悪だったら

2016-06-17_114650

看護師として働く上で、悩みになりやすいのが “職場の人間関係” です。

人間関係の問題は本当に重大で、看護師の離職理由・転職理由として常に上位ランクインしているほどです。

多少給与や待遇が良くなくても人間関係がいいから辞めたくない、という人は多いですが、給料がいいなら人間関係が最悪でも我慢できる、という人はあまり多くないのが実情です。

「人間関係の良好さ=居心地の良さ」となるケースが多いと言えます。

転職を考えるときも、人間関係の良好なところを見つけたいと誰もが思うはず。

ですが、ハローワークの求人票や求人情報誌に「人間関係が悪いため離職者の多い勤務先」などと紹介されているはずはありませんね。

転職してみて初めて人間関係が最悪な職場だった、とわかったとしたら・・・目も当てられませんよね。

そんな失敗をしなくても済む、転職先の探し方はあるのでしょうか?

 

人間関係が良好な転職先の探し方

希望の転職先に友人や知り合いが勤めていれば、内部事情を聞き出せることもあります。

そうすれば人間関係に問題のある職場なのかどうかという情報も、あらかじめ知ることができるため、転職の失敗も防げそうですね。

ただ、そんな知人がいるというような都合のいい状況もあまりないでしょう。
せいぜいネットで病院の口コミを探すのが、現実的にできる情報収集になるのではないかと思います。

ですが、そんなときに、転職先の内部事情に精通した人を見つける方法があるのです。

それが看護師転職支援サービスを利用すること。
看護師転職支援サービスの専任コンサルタントたちなら、病院の詳しい内部情報を収集できる可能性があります。

専任コンサルタントは担当している地域・病院の医療関係者と密なため、さまざまな情報を入手しています。

・職場の雰囲気の実際のところは?
・離職率が高い?低い?
・いじめがある?
・直接の上司になるのはどんな人?
・職場のスタッフの年齢構成は?
・入っても人がすぐ辞めるところ?

などなど、外部にいては絶対にわからない情報をサービス利用者には全て教えてくれます。

看護師転職支援サービスでは、採用側と求職側がお互いに納得できる転職を実現しようとします。それが早期離職の防止にもつながり、双方の高い満足感が得られるからです。

満足度の指標は、どの転職支援サービスにとっても生面線になるため、マッチングに手を抜くことはありません。

転職先で、人間関係で失敗しないためにも、登録も利用も無料の看護師転職支援サービスは有効利用していきたいところですね。